スタッフ紹介

  1. ホーム >
  2. スタッフ紹介

あなたのニーズに、全力でお応えします。

  • 営業部 有村太一
  • 営業部 葉山知己
  • 営業部 糸瀬猶弥
  • 営業部 藤井朋克
  • 営業部 齋藤順平
  • 営業部 鈴木美里亜
  • 契約管理部 金子哲也
  • 総務部 有村友基

営業部 有村太一

ウィルプライズで働くということ

経済的に豊かになることだけが人生の勝ち組ではない

私は、ウィルプライズに入社するまでは一人の営業マンとして自分の利益のことばかりを考えて仕事をしておりました。営業マンとはそういう人種なのかもしれませんが、ウィルプライズはそうではないことを私に教えてくれました。
ウィルプライズに入社して4年が過ぎ、私も管理職となりました。以来、部下と喜怒哀楽を共有し、共に成長できる環境造りに日々励んでおります。部下が困っている時には私が助け、私が困っている時には部下や上司に助けてもらう、そういった環境で仕事をしている中で、本当に大切なことはお金儲けではなく人儲けであるということに気付かされたのです。これからも日々精進し、お客様・会社・部下・上司・仲間に恩返しをしていきたいと思っております。

お客様へ

真剣に取り組めば、継続は力なり

私の座右の銘は【継続は力なり】です。ありきたりですが、諦めずに続けることは仕事をするうえで一番大事なことだと思っています。もともと根気強い性格だった訳ではないのですが、人一倍負けず嫌いな性格であった為、仕事をするうえでは目的を達するまで絶対に諦めない様になりました。
ただし、最後まで諦めないと言ってもそれが惰性で続けているだけになってしまっては意味がありません。真剣に取り組んでいれば惰性にはならず、必ず解決策は見えてくるものだと思っております。周りからは「真面目すぎる」「もっと肩の力を抜いたほうがいい」などと言われることもありますが、真面目であること、何事にも真剣であることは私の長所だと思っております。お客様の大切なご資産の仲介をさせていただくにあたり、とにかく真剣に取り組み、最後まで諦めないことをお約束致しますので宜しくお願い致します。

top

営業部 葉山知己

ウィルプライズで働くということ

想像を形にする・・・

想像を形にする仕事をしたいという思いを持って建築業界で働いていた私ですが、思い通りにならないことも多く、途中リタイアをしてしまいました。そんな時に上司の紹介で不動産仲介業に足を踏み入れました。
不動産仲介業はお客様の不動産を他のお客様に売買でお渡ししていくものである為、当初は形として残らない仕事に違和感を持っておりましたが、様々な仲介をこなしていく中で、10人のお客様がいたら10人とも求めるものが違うことが分かってきました。そんなお客様の思いを現実化することも、またひとつ『想像を形にする』仕事であると思える様になり、今ではそんなお客様の思いを現実にしていくことにこの上ない喜びと楽しみを感じております。

お客様へ

お客様は神様だ。私の答えはNOです

お客様の思いを形にしていくことは、お客様の要望を全て叶えることではなく、最終的にご満足いただける取引を行うことであると思っております。なぜなら、不動産取引には相手(売主様・買主様)がいる為、双方が全て要望通りにいく訳ではないからです。できることはできる、できないことはできない。私ははっきりとそう伝える勇気をもってお客様と接し、全てが要望通りにいかなくてもお客様に満足していただける道をいつも模索しております。「また葉山に任せたい」そう思っていただける様がんばりますので宜しくお願い致します。

top

営業部 糸瀬猶弥

ウィルプライズで働くということ

小さい会社だからこそ責任のある仕事を

ウィルプライズに入社する前、私は大手不動産会社にも内定を頂いておりました。
当時私は32歳で子供も2人おり、家族からは大手の方が安心できるという声もありましたが、社員が少ない会社の方がより責任のある仕事ができると思い、ウィルプライズを選択しました。
今はその選択をして本当に良かったと思っています。
私は沖縄が好きで沖縄に長く住んでいた事もある為、あまり積極的に扱っていなかった沖縄の物件を扱わせて欲しいと進言したところ、すぐに「やってみてくれ」という言葉をもらい、今では沖縄の物件で月に複数件の成約を頂いております。周りの後輩社員もそれを見て真似をしてくれ、沖縄の物件が会社の売上の半分近くを占めた月もありました。
自分の発案で会社の売上が向上し、それを評価してもらえた事が何よりも嬉しく、今でも新しいアイディアがあればすぐに実践しています。もちろん失敗する事も多々ありますが、だからといって次のチャンスを貰えない事がないので常に前を向いて仕事ができます。
だからこそ仕事には重みがでますので、お客様の物件を大切に扱う事に繋がっていると思います。
これからも責任のある仕事を全うし、会社とお客様に少しでも貢献できるように頑張っていきます。

お客様へ

不動産のハードとソフト

不動産の売買はただ単に【物】を売り買いするものではありません。
不動産には所有している方、これから所有される方の色々な【想い】があるからです。
物件自体を【ハード】だとすれば、その中にある想いが【ソフト】であり、私は、その両方を大切にしてこそ本当の不動産取引だと考えています。
不動産のプロとしては、ハード面での情報を正確にお客様に伝える事は当たり前です。私はいつもお客様のソフト面をしっかりヒアリングする事を大切にして仕事に取り組んでいます。ただ単に物として不動産を見るよりも、お客様の想いを知っていた方が、無事に取引が完了した時に、よりやりがいを感じるのは間違いありません。
お互い信頼できる関係を築いていければと思っていますので、宜しくお願い致します。

top

営業部 藤井朋克

ウィルプライズで働くということ

チームワークとスキルアップ

ウィルプライズに入社して最初に学んだことはチームワークの大切さでした。お客様の多様なニーズにお応えする為には、自分自身の力だけでなく上司や同僚とのチームワークが欠かせません。上司や先輩からの助言や叱責、同僚との協力関係と切磋琢磨が何よりも大きな力になってきました。そして、入社して3年が経つ私にも後輩や部下ができ、今まで私が上司や先輩にしてもらっていたことが自然と後輩や部下にもできていることに気づきました。ウィルプライズにはチームワークの大切さを自然に学べる環境があるのです。
また、周りの人に教わり、周りの人に教えて行くことは自分自身のスキルアップにも大きな役割を果たしてくれています。これからも、チームワークを大切に、力いっぱい仕事に励んでいきたいと思います。

お客様へ

時代とエリアに合った提案を

人口減少や高齢化などに伴い、投資用不動産にも空き家や家賃の下落などの問題が生じてきております。投資用不動産の取引に携わるものとして、時代とエリアに合った提案をさせていただくことが売り手・買い手双方にとって良いお取引に繋がると思います。日本全国の投資用不動産を扱っているからこそ、それぞれの地域の特色について日々学び、市場の動向を常にチェックし、お客様のニーズに応えるだけでなくお客様にとってもう一つプラスになる様な新しい提案をさせていただければと思っております。是非、私どもに提案のチャンスをいただければと思いますので宜しくお願い致します。

top

営業部 齋藤 順平

ウィルプライズで働くということ

自分の”夢”の実現と会社への“恩”返し

私は、前職も不動産業でしたが、将来は別の業種で自分のお店を持ちたいという“夢”があります。その為、より稼げる環境を求め、思い切って転職を決意しました。
新しい職場を探すにあたり、当然求めたのは資金を貯める為の給与と私の夢を理解して認めて頂ける環境でしたので、面接を受ける際に「独立資金が貯まったら会社を辞めます」とはっきりと意志を伝えていました。失礼な条件を提示している自覚はありましたので、これで雇ってくれるところなどないかと諦めていたところ、ウィルプライズの面接で、「目標額が貯まったら遠慮なく退職してください。その代わり、自分がこの会社で学んだ事を後輩にできるだけたくさん伝えてください。」という回答を頂き、迷わず入社を決断しました。
周りの社員が皆、私が自分の“夢”をかなえる為に仕事をしている事を知っているにも関わらず、自分を受け入れてくれ、応援さえしてくれます。周りに気兼ねなく将来の“夢”を語れる環境がとても幸せですし、会社に多大なる“恩”を感じています。
だからこそ、自分の“夢”の実現するその日までに自分が受けた“恩”を全て返せる様、会社の為に精一杯の努力をし、後輩に自分が学んだ事を全て伝えていきたい。私がウィルプライズで働くモチベーションは“夢”の実現と“恩”返しです。

お客様へ

ちょうど真ん中の立ち位置 それが「最善」の立ち位置

よく「相手の立場に立った仕事」という言葉を耳にします。相手の立場に立って物事を考えるのはそれほど難しくはないのですが、相手の立場にたって考えれば考えるほど100%満足して頂く事が難しいと感じてしまいます。なぜなら、立場が違えば同じ結果に対して違う感情を抱いてしまうのは当たり前だからです。特に不動産仲介業は売主様と買主様という立場が真逆な方の間に立って仕事をしていますので、双方が100%満足する結果を導き出す事は容易ではありません。
ではどうすれば良いか、未だにその問いに自分の中で明確な回答はありませんが、ひとつだけ分かった事は、無理にお客様の立場に立って結果を求めない方が良いという事です。お客様のお気持ちは100%理解しようと日々努力していますし、どんな無理な要望でもどんどん言って頂きたいです。ですが、最終的に自分が立っている位置は売主様と買主様のちょうど中間点でなければならないと思います。そこが双方にとって100%ではないかもしれませんが最善の結果である事は間違いないからです。
双方のお気持ちを、お考えを100%理解できる様尽力します。そして、自分はそのちょうど真ん中に立って、「最善」の結果をこれからも模索し続けていきます。

top

営業部 鈴木美里亜

ウィルプライズで働くということ

人と人との【繋がり】を大切に

私は、建築設計事務所、買い取り再販を行う不動産会社を経てウィルプライズに入社しました。設計事務所では当然設計業務、買い取り再販の不動産会社では他の不動産業者様からの物件の仕入れを担当しておりましたので、一般のお客様との直接の接点がなく、自分の仕事がお客様にどう貢献できていて、どう評価されているのかがずっと気にかかっていました。最終的には自分のやっている仕事はお客様の元へ届くと自分を納得させてはいましたが、直接お客様から自分の仕事の評価を頂きたい、お客様の喜ぶ声が聞きたいという思いは日に日に強くなっていました。
そんな時に、前に働いていた職場の先輩が是非にと誘ってくれ、ウィルプライズの面接を受けてみました。そこで、「弊社はお客様の意志を、従業員の意志を何より大切にしている、不動産は物だが、不動産を持っているのもそれを扱うのも“人”である。仲介業は“人”と“人”とを【繋げる】仕事です。」という話を聞きました。それを聞いた瞬間に自分が求めていたのはこれだ!と思いすぐに入社を決意しました。
まだまだ未熟者ではありますが、少しずつ成約も頂き、お客様からお喜びの声を頂ける事が嬉しくて仕方がない毎日です。これからも、自分とお客様、お客様同士、社員や会社との【繋がり】を大切に職務に励んでいきたいと思います。

お客様へ

諦めるという判断の前の最後のあがき

私はまだまだ経験の浅い不動産営業マンです。当然一人では完璧な仕事ができず、先輩や上司に助けてもらいながら仕事をしております。そんな中で、今だからこそ感じる思い、今後もずっと忘れたくない思いがあります。それは【諦めるという判断の前に最後のあがきを】というものです。
先輩から「お客様に対しては無理なものは無理、難しいものは難しいとはっきりと伝えなければならないよ」と教えられた事があります。確かにその通りだと思いますし、お互いに無駄な時間を作らない為にもそれが一番いいのかもしれません。それでも、自分は不動産に対してまだまだ知識不足、経験不足であるからこそ、もう少し頑張れば何とかなるのではないかと思ってしまう部分があり、上司の指示に従わず、お客様に無駄な時間を使わせる結果になってしまった事もあります。
これから経験を重ね、知識も豊富になれば、『無理』であるという判断が今より早くできてしまう様になると思います。そういう場面に出くわしたら、たとえ無駄になったとしても私は【諦めるという判断の前に最後のあがき】は絶対に忘れずにやっていきたいと考えています。無駄なあがきになるかもしれません。お互いにとって時間の浪費になってしまうかもしれません。それでも自分とお客様にとっては絶対に無駄ではないと信じています。是非私に無理かな、難しいかなと思う案件を任せて下さい。他の人にはないもう一歩のねばりを約束します。

top

契約管理部 金子哲也

ウィルプライズで働くということ

社員のエネルギーが無駄にならないエコな会社が幸せを生む

ウィルプライズは、社員の意見を尊重してくれる会社です。社員が良いと思ったことをすぐに採用し、社員の小さな頑張りをしっかり見て評価してくれます。社員の仕事に対するエネルギーを全部拾ってくれる為、そのエネルギーが無駄にならず、とてもエコな会社だと思っています。会社に大切にされる環境で仕事をしていると、自然と自分の仕事にもまわりへの思いやりが生じる様になってきます。その思いやりは周りを幸せにし、それが自分にも帰ってくると感じています。実際お客様に感謝をいただくことも少なからず増えてきており、その都度幸せを感じています。これからもお客様、会社、周りの社員、支えてくれる全ての人達に思いやりを持って接し、それが大きな幸せとなる様精進していきます。

お客様へ

お客様のサポートは会社全体で

私は、営業がまとめた案件の契約、決済を行う契約業務を担当しております。担当といっても私がお取引の全てを一人で担当する訳ではなく、一つのお取引に対して、営業担当者、営業責任者、業務担当者、業務責任者、代表の最低5名で細かい確認をしながら進めていきます。お客様の大切な財産を扱う仕事である以上、間違いは許されません。お客様のそれぞれのご要望をきちんと形にしていくことを第一に、会社全体のサポートを受けながら、これからも契約業務に邁進して参ります。

top

総務部 有村友基

ウィルプライズで働くということ

兄の背中を追いかけて

私は以前よりウィルプライズで営業マンとして働く兄を見て、人と人とを繋げる不動産仲介業に強い関心を抱いており、尊敬する兄と一緒に仕事をしたいという思いを持っておりましたが、口下手な私はお客様と直接お話をする仕事は難しいだろうと諦めておりました。そんな折、私のそんな思いを知った代表から、営業マンの仕事をサポートする営業事務の仕事があるから働いてみないかというお誘いをいただき、今は兄や営業の方々をサポートする仕事に従事しております。直接お客様とお話しをする仕事ではありませんが、お客様の為にという気持ちを持って仕事に励むことは、私にとっては人間的な成長に大きな影響を与えてもらっていると思います。「いつか兄に追いつきたい」同じ会社で働くことでその目標に向かって毎日頑張れております。

お客様へ

陰ながらお客様の不動産取引のサポートを

会社にはお客様と直接接することがない、裏方の仕事が存在します。当社で言うと私が所属している総務部、取引物件の調査を行う調査部などがそうです。お客様には見えない部分ではありますが、全力で営業部のサポートをすることがお客様のサポートに繋がると思っております。当社は営業部だけでなく、会社全体でお客様をサポートして参りますので安心してお客様の物件をお任せいただければ幸いです。